お茶で美肌を手に入れよう

女性なら、いくつになってもキレイな肌でいたいと思いますよね。そんな方には掛川深蒸し茶がオススメです。

お茶には、カロテンが豊富でなんです。細胞を健康に保って、いつも潤い肌をキープ。その理由に、お茶に含まれるビタミンAには、皮膚細胞や粘膜細胞を健康な状態に保つ働きを持っているからです。

ビタミンAが不足すると、肌はカサつき、潤いがなくなります。また、粘膜も弱まるため風邪もひきやすくなったりします。

お茶には、カテキンの他に、カロテン、ビタミンC、食物繊維、ミネラルなど、健康に役立つ成分が含まれています。しかし、これらの成分は水に解けないもの。実際に飲んで摂取できる栄養素は約35%ほどで、残りの65%は茶殻に残ってしまうのです。それなら茶葉を丸ごと食べるほうが効果的ですよね。いつも捨ててしまっている茶殻をお料理に使って食べれば、お茶の葉の栄養素を丸ごと摂取できます。

それでは、どのようにして食べたらいいのでしょうか。簡単にできる調理方法を2つ紹介したいと思います。

ポン酢を掛けておひたし風に食べる・・一番簡単な方法としては、二煎まで普通にお茶を飲んで、急須に残った茶殻をお皿にうつし、ポン酢で食べる方法。鰹節や白ごまを掛け、味の変化を楽しむのも面白いですよね。

ふりかけ風・・・鍋にしょうゆとみりん、茶殻を入れ中火で汁がなくなるまえ煮るだけ。保存もできるし、お茶漬けやおにぎりの具にも使え便利です。

食べるほかにもからだの外側からもお茶を使ってキレイになる方法があるので紹介したいと思います。

緑茶風呂でアロマテラピー&美肌・・お茶には香りで気持ちをリラックスさせる効果があります。くつろぎのバスタイムに緑茶風呂はいかがですか。ティーパックやストッキングを切って作った袋などに、茶殻や古くなった緑茶を入れそのままお風呂に入れるだけ。お茶に含まれるビタミンCが美肌をつくり、カテキンやアトピーやニキビの改善に効果的です。また、汗や体のにおいを抑える効果もありますので、スポーツ後にぜひ試してほしい思います。ポイントは、入浴後は、シャワーなどで洗い流さないように、バスタオルで軽く拭くだけにしてくださいね。

また、あかちゃんのあせもにも効果的です。緑茶風呂は女性の美肌だけでなく、赤ちゃんのお風呂としても最適です。暑い夏にあせもができやすく、おむつかぶれも心配ですよね。その点お茶風呂なら、薬を使いたくないママとしてはぜひ取り入れみたいと思うのではないでしょうか。

 
全身脱毛どこがいい|相互リンク募集中|相互リンク募集サイト|GetMoney|JALカード|貯蓄|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|主婦の在宅ワーク|MY2-Link|相互リンク|FXシストレ比較|超SEO対策|童話集|美人になるための101の法則|